Skip to content

カードローンの審査基準などが明確なサービス

カードローンの審査基準はどこも似たりよったりですので、ある程度は予測することができます。特に消費者金融はお金を貸し付けないと営業ができない業者であり、その点は審査基準が緩くなる要因になっています。今まで他社を含めて返済を怠った経験がないこと、また債務整理の経験が近年でなければ、通る可能性が高くなります。
業者それぞれに審査基準の特徴がありますが、個人信用情報機関に必ず照合していますので、それらの情報がないことがスムーズな審査を通過するコツになります。まずこれらが最低限の基準です。消費者金融のカードローンは独自の審査もそれほどきつくはありませんが、問題は銀行です。銀行はバックに保証会社がついており、双方の審査をクリアしなければなりません。銀行カードローンは以前に比べると審査が通りやすくなったと言われていますが、それでも消費者金融と比較すると厳しいと言わざるを得ません。銀行は金利が低いのメリットになっていますが、審査に関しては厳しくなり、また限度枠も絞られることが多いです。
申込みをする多くの人がカードローンの審査を通過したいと願っています。そのような事情を踏まえて円滑に契約を進めるのであれば、消費者金融を選ぶのが無難な選択になります。金利は高いですが、審査の基準を気にするような方にとってみれば、一番の安全策になるでしょう。円滑な契約を進めたい人ほど、審査が比較的緩い業者を選ぶようにしてください。

関連記事

Comments are closed.